ヤニと口臭

ヤニと口臭

口臭を防ぐようにかなり頑張っても、期待以上の効果がみられないと考え込んでいるなら、たばこが元凶かもしれません。
口臭は、たばこを吸う人の方がよりきつくなりがちなことを認識しておきましょう。
それと、自分が発している臭いに自覚できない人がかなりいます。

 

世間では「ヤニ臭い」という単語が聞かれますよね。
ヤニ臭さの根源にあるものは、たばこの成分であるタールとニコチンなのです。
喫煙を行っている期間は、ニコチンやタールとも関係が断ち切れないので、何をしても臭いを防ぐことは安易ではないといえます。

 

それにニコチンは、体内の血液の循環を阻害する元凶にもなります。
このことに関しては、口腔内も同様と考えてください。
口内の血行が悪化すると、唾液があまり分泌されなくなってしまいます。
唾液は、不快な口臭を防ぐために欠かせないものです。

 

こういったことも考え、たばこを吸う人は、よく水を飲んで口の中をゆすぐようにしましょう。
食事を行う場合も、よく噛むように心がけましょう。
そうはいっても、何よりベストな手段はたばこをやめてしまうということです。
禁煙する人向けのグッズを購入することができますから、こうしたグッズを駆使して禁煙にチャレンジしてみるのもよいでしょう。
喫煙していれば、口臭とは無関係ではいられません。

 

喫煙者は、たばこを吸っていない人に比べて歯周病になりやすい傾向があり、臭いを生み出すこととなる歯周ポケットも多く存在するのです。
この点に関しても、元はたばこにニコチンが備わっているからなのです。
自分では臭いに気づけなくても、周囲からは煙たがれているかもしれないのです。
たばこが好きな人は、一度は口臭を認識する方法を取ってみてください。